こんにちは、スポーツヒューマンキャピタル(SHC)の本間です。
私たちは、「スポーツ経営人材の育成と知恵の集積」を目指して、2016年にJリーグヒューマンキャピタル(JHC)を法人化して生まれ変わった新しい組織です。

SHCでは、「SHCスポーツビジネスマスターコース(旧:SHC教育・研修コース)」を通して「スポーツ経営人材を育成する」ことをはじめ、スポーツ組織の課題を解決するパートナーとしての役割も果たしていきたいと考えています。 とくにこのコースでは、スポーツ経営人材の育成に留まらず、「スポーツに携わっていきたいと思う人」と「スポーツの場」とのマッチングにも注力していきます。

かつての私もそうでしたが、スポーツ経営に携わっていきたいと感じている人は少なくないと思います。しかし、そういう人々からお金をいただいて、教育事業を行うだけではSHCの役割を果たしているとは言えません。
そのため、SHCでは、スポーツ組織の採用情報も積極的に集めて、SHCの受講生や卒業生に提供します。なぜなら、スポーツ界の採用は、紹介など人的ネットワークによるものも多いからです。

また、場合によっては、職務経歴書には示すことのできない、SHCの受講生の経験や人柄をスポーツ組織に伝え、売り込む、いわばエージェント的な役割も担いたいと思います。
言い換えると、SHCを受講することによって、能力と条件さえあえば、実際にスポーツ組織で働くことができる。スポーツに携わりたいと思う人が、その夢をもっとも実現できる、そういう組織でありたいと思っています。

近年、働きかた改革などもあり、社員の副業や社会貢献活動を認める企業も増えてきました。このような動きは、受講生のみなさんにとっても、スポーツ組織にとってもチャンスなのだと思います。 コースのなかで、みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。

公益財団法人スポーツヒューマンキャピタル
 代表理事:本間浩輔

Zホールディングス株式会社 シニアアドバイザー

立教大学大学院 経営学専攻
客員教授

法政大学大学院
イノベーション・マネジメント研究科兼任講師